0

六本木 希少肉、千屋牛が食べられる 鉄板焼のお店

鉄板焼grow 六本木店_4最近、千屋牛にハマっている・・・という友人から聞いて
希少肉、千屋牛が食べられる 鉄板焼のお店
「鉄板焼 grow 六本木」さんへお邪魔してきました!

幻の千屋牛が楽しみすぎます。

鉄板焼grow 六本木店_6まずはグラスのスパークリングで。デラピエ(¥800)で乾杯!
今夜はお料理に合ったワインをグラスで頂くことに。

お料理もいろいろ相談しておまかせで。

鉄板焼grow 六本木店_8まず出てきたのが、チーズ豆腐
お豆腐をぎゅっと水切りしたようなかんじ。

鉄板焼grow 六本木店_10ポテトサラダ テリーヌ お肉の前菜3種盛り

お気に入りは、ポテトサラダ
ジャガイモは2種類(メークインとインカのめざめ)を使用していて
その中に細かく刻んだいぶりがっこをIN!
ジャガイモもペーストと荒く刻んだものをあわせているので食感が楽しいです。

鉄板焼grow 六本木店_14 鉄板焼grow 六本木店_17泡の後は、グラスで白(チリ・カルベネソーヴィニヨン¥600)を。
スッキリとしていて、お料理との相性もよかった。

値段とクオリティのバランスがとても良くて、いいセレクト。
他にもフランスのソーヴィニヨン(¥700)もおいしかった。
*ちなみに、私はフランスのほうが好きでした

鉄板焼grow 六本木店_19生ハムと白菜のサラダ

白菜を生で頂くことってあまりなかったのですが
甘みもあっておいしい!(今度おうちでやってみよう)

鉄板焼grow 六本木店_21カウンター席だったので、目の前でお肉を眺めながら
お酒を頂いたり、おつまみを頂いたり。

お店の雰囲気自体は、カジュアルでシンプルなのですが
お肉へのこだわりやスタッフの気配りなども押さえるところは
きちんと押さえてリーズナブルな価格にしてくださってるんですね。

鉄板焼grow 六本木店_23白身魚のタプナードソース(アンチョビ)

お野菜と白身魚が白ワインととてもよく合って、おいしい。
お魚はそのまま頂いてもふわふわしておいしいのですが、
アンチョビがはいったタプナードソースをつけると複雑な味わいに。

鉄板焼grow 六本木店_30 鉄板焼grow 六本木店_35次はお肉だよー!ということでグラスのカルフォルニアの赤を。
(カルベネソーヴィニヨン ¥800)

このボトルのラベルのマーク、どこかで見たことありませんか?
そう、あのアーノルド・パーマーなんです。

タンニンが強めで重厚感があり、コスパのいいワインでした。
ちょっとビックリ!こういうブランドワインって微妙なイメージが
あったのですが・・・おいしかった。

鉄板焼grow 六本木店_41コンソメスープ(鶏レバーペースト付)

最初はコンソメスープを頂いて、半分くらいから
鶏レバーペーストをいれると印象がまったく違います。
(鶏レバーペースト自体も食べてみたら、おいしかった)

鉄板焼grow 六本木店_47 鉄板焼grow 六本木店_54楽しみにしていた、最高級エイジング 千屋牛ステーキ!!!
ŧ‹”ŧ‹”(๑´ㅂ`๑)ŧ‹”ŧ‹”

熟成に向いている赤身のおいしさで、あ、これ、私が好きなタイプ。
脂っぽくはなく、でもうまみはちゃんとあって噛むとうまみを感じられる。

添えられた、塩昆布・ガーリック・わさび・泡醤油をお好みで。

鉄板焼grow 六本木店_59チリの赤(カベルネソーヴィニヨン ¥600)も。
さきほどのアーノルド・パーマーに比べるとスッキリしていて
飲みやすい。2杯目の赤にちょうどいいかも。

鉄板焼grow 六本木店_45 鉄板焼grow 六本木店_64〆のごはんは、ガーリックライス

こちらには、かつおのスープがついていて、半分食べ終わったら
入れてくださいとのこと。
入れてみると、めちゃくちゃスッキリして別物に変身してました。

鉄板焼grow 六本木店_74別バラのスイーツ、クレープとアイスクリームベリーソース添え

ベリーが見た目にも華やかで、アイスクリームが最後のクールダウンに
ぴったり。最後に、お茶を頂いてごちそうさまでした。

鉄板焼grow 六本木店_5カウンター席と、テーブル席、小さなお座敷があって
こじんまりしながらも使い勝手がよさそうです。

シェフも気さくで話しやすかったし、ワインもおいしかったし、
気張らずに通える鉄板焼き店としてはかなりポイント高いです。

鉄板焼grow 六本木店_1ちなみに、場所は六本木ドンキホーテの手前の道を入ったところ。
「金魚」のある通りでこの看板が目印です

 

鉄板焼 grow 六本木店鉄板焼き / 六本木駅六本木一丁目駅麻布十番駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6