0

銀座 日本酒とおばんざい 銀座 魚勝

銀座魚勝[27]

グルメな美女友と今年は日本酒研究をしようね!と話をしていて
それぞれ食べ歩き、飲み歩きをしたお店の中からオススメを定期的に交換しています。
そんな美女友が最近いいお店を見つけた!と教えてくれたのが
銀座駅そばにある「銀座 魚勝」さん

もともと築地の出身ということで、味覚と素材には自信がありそう。
そして、築地周辺のお店の方は素材の良さを見極められるから
料理に手間を惜しんだりしない傾向が。

もうそういうDNAがカラダにしみ込んでいるんだと思う。
ふふふ、なんだかいいかんじです。

銀座魚勝[11]

カウンターの席に座ると、目の前に広がるおばんざいのお皿。
常時10種類以上はおばんざいを用意しているようです。
(ちなみに写真のおばんざいはバイ貝ではないです(笑)ピリ辛こんにゃくなの)

お店自体はこじんまりとしていて、隣の席も近いから接近しても気にならない
仲の良い人と来るのがいいと思う。
逆に、男性といくならこれから仲良くなりたい人を意識的に選びましょう。
席間隔が近いので無意識的に仲良くなれるかも?

銀座魚勝[8]

さてさて、席に着いたらまず出てくるのは・・・
「燻製炙り鯖と梅干」え?梅干?ってビックリしたんだけど
この梅がいいかんじ。

梅干しの酸っぱさが舌に伝わると体内の消化器官に伝わって消化液が分泌されて
胃や腸が活発に動くようになるから、食欲がないときには梅干を食べて!
と言われますよね?血流もよくなるし、血管の老化を防いでくれたりも。

アルカリ性の食品なので、食前に食べるのはとてもいいんですね。
日本酒を飲み前にも胃をすっきりさせてくれるのでカラダにとてもいいんですね。

青魚もカラダにいいので、普段外食ばかり・・・なんて人はこんなおばんざいの
お店を選ぶと、とてもいいと思う。

銀座魚勝[12]

「蕨のおひたし(450円)」は酔う前にその香りをしっかり堪能しておくべし。
手間がかかるので、おうちではできないけど、日本を代表するの味だもん。

味は出汁をきちんととった薄味のものが多いので
や・さ・し・い のです。うわー、なんだこのやさしさは!!

銀座魚勝[9]

毎日のおばんざいはすぐそばにある黒板に書かれていました。
旬のものを食べたいからこの黒板は、食事を選ぶ道しるべになってくれそう。

銀座魚勝[17]

日本酒に合うおつまみを・・・と言ってオススメしてくださった
おばんざい3種がこちら。木の芽も贅沢に使ってくれていて山椒好きにはたまりません。
頂いたおばんざいには隠し味として山椒あ使われていました。
薬味好きだから、ひとりでうふふとしてました。

「蕨のおひたし(450円)」「ふきと油揚げの煮物(450円)」「もずく酢」
どれもまったく違う味付けで日本酒に合います。

銀座魚勝[31]

そして、なつかしの味「鯨のお刺身」
こどものころに唐揚げ食べたよね?と盛り上がりました。
(平成生まれとは共有できないのよね・・・とほほ)

ぎゅっとした旨みと臭みのなさで、苦手な人はいないのでは?
なかなか食べられるものではないので、ぜひ食べてみてほしいな。

銀座魚勝[35]

日本酒は好みのかんじをお伝えして出して頂きました。
とはいえ、日本酒の種類や特徴を理解できるように少量ずつ出してくれるので
日本酒の勉強にきた!って思ってご飯食べに行きましょ。

お店で食べるのって、おいしいお料理だけではなく、
今まで食べたことのないもの、飲んだことのないお酒に出会うためだと思う。
だから、いつものモノではなく、新しいものは積極的にチャレンジするのがオススメです。

お店の方との相性も分かるし、ね。

銀座魚勝[37]

すこし胃になにか入れたいとおもったら
「尾崎牛と厚揚げの炊いたん(600円)」を。

これまたやさしいお味で、塩分が濃すぎないのでビールや日本酒
ぐびぐびってならない。そして、わたし、厚揚げが大好きで・・・
口に入れた瞬間にじゅわーーーって出汁が口に広がるのがいいのです。

銀座魚勝[50]

「時鮭と蛤」は、鮭がほろほろっとして、木の芽が良いアクセントに。
蛤からでた出汁と鮭がMIXされてとてもおいしかった。

銀座魚勝[53]

白濁りのどぶ酒もおいしいですよ?ということで
「生酛のどぶ」も飲んでみました。

どぶ酒って、韓国のマッコリのイメージだったのですが日本のどぶろくも
同じ製法だから似ているんですね。酸味とじんわりとした甘みが女性に向いているかも。

銀座魚勝[56]

豆腐好きにはたまらない「冷やしたたぬき豆腐(450円)」も。
こちらは木綿豆腐と少し甘めのお出汁で味つけしたもの。

銀座魚勝[60]

「脂いわしの灰干し(650円)」
日本酒に合うといえば、やっぱり干物かな?ということでオススメのいわしを。
普通の干物よりもしっとり、脂がのっていていくらでも食べられるかんじ。

うわ、これ、すっごい好き!!

銀座魚勝[77]

銀座魚勝[80]

「納豆チャーハン」「生しらす御飯」を〆ごはんに。
納豆ご飯がかなりツボで、一人でほとんど食べちゃいました。

納豆とお米がが衝撃のパラパラ感なのが不思議でした。

銀座魚勝

銀座駅そばの一等地なのに、こんなにリーズナブルでおいしいお店があるなんて…。
しかもお店のスタッフが癒し系イケメンでほっこりできちゃいます。

8時過ぎには、女子のおふたりさまも結構多くいらしていたので
女子一人でもほっこり飲めちゃいます。いやー、とてもいいお店でした。

銀座魚勝魚介・海鮮料理 / 銀座駅銀座一丁目駅有楽町駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8