0

銀座 繊細フレンチ、MASA UEKI

image

無駄な装飾はほとんどない、白い空間に突如として現れる料理たち。

表参道「レストランJ」、軽井沢「MASAA’S」を話題にしてきた
植木将仁シェフのお店「Restaurant MASA UEKI」へ
友人たちとお邪魔してきました。(場所は、銀座ね)

メニューを見て、感じたのはメニューのネーミングが海外にある
モダンJapanese。日本食とフレンチやイタリアン、タイやインドなど…
がミックスされてシドニーに住んでいた頃を思い出しました。

こちらは2品目の「歓心」
オーガニックの野菜たちとワサビソース
このワサビソース、ぷちぷちとした食感で新しい。

image

1品目は見た目も美しい、清爽譜(新子を和食以外で見るなんて!!)
トマトのガスパチョと新子が新しい!

image

[66]

 

このフォアグラは、シェフの自慢のスペシャリテ。
組み合わせが斬新で、次のお料理が楽しみになるほど。

ああ、この人はマニアなシェフだと確信した1皿。

image

このお皿もおきにいり。「荒波を乗り越えて」
オコゼとモンサンミッシェル産 ムール貝ブイヤベースソースの
相性がとてもよかった。

素材とソースのMIX具合が、独創的で特別だったな・・・。

image

メインは、幸せになれる知床ビーフ。「北の国から」
火入れがセクシーで、塩コショウとフレンチのボルドレーズソース

説明の必要がない、、、。

image

image

パンプキンとトリュフ、「幸いなる出会い」

パンプキンとトリュフの組み合わせって、初めてです。
追加で秘密のソースを・・・。

こんなプラスαも、植木シェフの工夫が楽しい。
どちらかというと、おいしいものの基礎知識のあるマニア向けのお店。

image

「小さな宝石」は丸太に乗ってやってきました(笑)

最後に、シェフにお会いしたのですが、キリっとした素敵なシェフ。
しかもシドニーでシェフをしている共通の友人が。

彼の料理は、オーストラリア・シドニーから影響を受けているのかも。
(シドニーは移民が集まった美食の都市でもあるのでMIX具合がイイんです。)
懐かしい昔話と友人たちとの会話、植木さんの独創的なお料理たちに
すっかり酔ってしまいました。

魚やヘルシーな食材を使ったモダンフレンチは
ザ・フレンチが苦手な日本食ラブな人に、最もおススメしたいお店。

 

レストラン マサ ウエキフレンチ / 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8